人生のたまご。 TOP > スポンサー広告> 03_ビジネス > レバレッジ・リーディング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
(2006/12/01)
本田 直之

商品詳細を見る

「本を読む前に読むべき本!」
(対象) 初級 (これから勉強しようと考えられている方/本を読んでも頭に入らない方etc..)
(評価) ★★★★


「本を読んだはいいけど、ほとんど頭に残ってない・・」
「いやぁ、いい本だったな。大満足!」

といった方々にオススメの本がコレ!

特に本を読んで満足してる方は要注意!
本を読むだけで満足してしまっているかどうかは自分では気づきにくいものです。

ポイントは、
・本の内容について良かった点を人に説明することができるか?
・読んだ本の内容を生かして実践することが出来ているか?

「本の読み方をわざわざ本で勉強するなんて・・」と思われるかもしれません。
しかし、下記の内容を知っているか知らないかでは本で得られるものが大きく変わります。

・どんな投資より確実な投資は自己投資、自己投資の為に本を読め。
・「速読」より「多読」をすることで他人の知識や経験をたくさん学べ。
・本には付箋を張り、マーカーを引き、書き込みをして読み込め。
・重要箇所は「レバレッジ・メモ」として纏めて頭に刷り込め。

一見、「わざわざ言われなくても・・」と思われるかもしれませんが、
実践されている人はほとんどいないように思えます。
(例えば、電車の中なんかで付箋を張りながら読書されてる方を他に見たことがありません)

何故そのような読み方をするのか、どうやって実践するのかについては、
実際に本を読んで確認してみて下さい。

100倍のリターンの有無については何とも言えませんが、
本の読み方の常識が変えられるお奨めの一冊です。

この本を読んだ後はこんなブログを見る必要がなくなるかもしれません(笑)
・・orz


※ここからの内容はワタクシの見解たっぷりの長文となりますのでご注意クダサイ。

ワタクシが実践している方法は下記の通りです。

①目的を明確にしてから目次とあとがきを読み、目標タイムを設定する。
②付箋(場合によってはマーカーも)を使って1日1時間読む。(週2~4冊ペース)
③週末に読んだ本の「レバレッジ・メモ」をエクセルで作成


①については、順番は異なりますが著者の本田直之氏の提案されている方法となります。
「必要なの?」と思われるかもしれませんが、「コミットメントと一貫性」という法則があり、
「人は一度、態度や意見を表明すると、それを簡単には変えられない」という心理が働きます。
もし、途中で挫折しそうな方は①の内容を紙に書き留めたり、人に話したりして、
「読みきる!」という意思をコミットメントしておくと良いかもしれません。

②については、本田直之氏の仰る「1日1時間で1冊」とは違っております。
理由は、「自分が重要だと思う本は時間をかけてでも読むべき」と考えるからです。

「80対20の法則」により、大事な部分の80%は全体の20%で占められているとありますが、
残りの80%に大事な部分の20%が残っているわけで、それならば大事でない部分を読み
飛せば良いだけだと思いますし、そもそも「大事でない」の判断は読まなければ分かりません。
後半に重要な内容があったとして、前半だけ読んで止めてしまってはMOTTAINAIです。
終始、ためになる本だって中にはあります。

同様に、「ダメな本はすぐ捨てる」は特に読み始めたばかりの人にはお勧めしません。
何故なら、「どういった本がダメなのかの判断基準を持つためにもダメな本を読むべき」
であり、もしダメな本だったとしても不必要な箇所は読み飛ばせば良いだけのことです。
どんな内容が自分の為になるかなんて、読んでみなければ分からないと思います。

もちろん本そのものや本自体のジャンルにもよりますし、人それぞれ違いますので、
ケースバイケースで見極めると良いかと思います。

※1日1時間は、単なるワタクシの「集中して読書できる時間の限界」です。
 人は集中力が90分しかもたないと言われておりますが、ワタクシは短いようです・・。

※目標タイムはだらだら読まないために設定しておりますが、作業時間を計算しても
 人は「ホフスタッターの法則」によって予想以上に時間がかかってしまうものです。
 時間内に読めなかったとしても落ち込んだりせず、次回に生かせばよいと思います。

※ワタクシは電車やバスでも読むことが多く、時間もかかるので、
 本への書き込みは滅多にしません。(マーカーもほぼ使いません)

③については、ワタクシがオススメするやり方です。
本田直之氏はテキストで「レバレッジ・メモ」を作ることを実践されてるそうですが、
エクセルだと下記のようなメリットがあります。

・色分けが可能。(印刷後に改めてマーカーを引く必要がない)
・図の作成が可能。
・表の作成が可能。(例:用語/意味/使い方の例を表にする等)
・内容毎にシート分けが可能。


逆に作成に多少時間がかかるというデメリットもありますが、
あとでデータとしても見やすいのでとても便利です。

機会があれば、そのうちワタクシの「レバレッジ・メモ」の一部を公開したいと思います。
ぇ・・いらない・・?デスヨネ・・ぁ、石はヤメテ・・。



長くなりましたが、この本で「本の読み方」について学んだ後は、
自分なりの方法を工夫して実践されるのが良いかと思います。

(個人的教訓)
方法は千差万別!自分に合った本の読み方で本を楽しむ!
 

※本ブログの内容はワタクシの個人的な見解であるので、一個人の意見として軽く受け止めて貰えると幸いです。
スポンサーサイト
[ 2011/08/27 02:00 ] 03_ビジネス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

たこ♂。

Author:たこ♂。
人生のたまご(初心者)であるワタクシが読んで、感銘を受けた本をご紹介させて頂くブログとなりまする。最初に「ごあいさつ。」を読んで頂けると幸いです、ハイ。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
携帯端末でご覧になる場合はこちらのQRコードからお願い申し上げまする。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
クラウドソーシング
ネットで簡単にお仕事の依頼/受注ができるクラウドサイトです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。